2009年03月27日

スポーツ選手とネイル

スポーツ選手で、ファッションとしてのネイルを楽しんでいる選手もいました。

1988年のソウル五輪で注目を集めた選手の一人にフローレンス・ジョイナーです。陸上女子100メートル、200メートル、400メートルリレーで金メダルをとった選手です。

成績もすごいですが、長く伸ばしたをマニキュアで鮮やかに飾った姿が印象的でした。

posted by suzune at 16:35| Comment(0) | ファッション

2009年03月19日

ジェルネイル

2006年ごろから流行となっているジェルネイルですが、今のところサロンでしか行われていません。

百貨店などでは店頭に置いてもありません。

これはUVライトやジェルが個人で扱うにはある程度の知識を要するためです。

ネットを使えば購入はできますが、ちゃんと使用法を身につけないと危険を伴います。

そのための教室やDVDなどもネットでは紹介されています。
posted by suzune at 13:41| Comment(0) | ファッション

2009年03月09日

ネイルアート

手足の爪を装飾する技術をネイルアートと呼びます。

爪を染めたりといったことは、紀元前3,000〜4,000年前のエジプト文明にすでにあったと言われます。
ミイラでそれを確認することができます。

中国でも楊貴妃が爪を染色したと伝えられていて、唐の時代ですので、西暦で750年代の話です。

日本には、平安期に伝来し、花の汁を爪につけていたと言います。その原料になったのはホウセンカやベニバナでした。

江戸時代には爪紅と言い、遊女が使用していたと言います。

現在のネイルアートの広まりは18世紀のヨーロッパからだと言われています。
posted by suzune at 14:10| Comment(0) | ビューティ

2009年02月23日

花粉症対策

花粉症は位置と発症すると、年を追うごとに重症化しやすいといわれています。
ですが、花粉症の症状は時季が決まっているので、悪化を防ぐために、花粉症のシーズン前から、対策をとっておくことが必要です。
症状が表面化していなくても、いつ発症するかわからないので、花粉を避けて過ごせるように花粉情報はチェックしたほうがよいでしょう。
posted by suzune at 19:06| ヘルス

2009年02月10日

顔のメソセラピー

顔のメソセラピーは、顔の気になる部分の脂肪溶解注射をすることで、部分痩せをすることが可能です。

メソセラピーはお腹やお尻、太ももなどの皮下脂肪の注射をして脂肪を溶解し除去していくダイエット方法のひとつとして考えられた治療で、脂肪吸引よりも安全で価格も安く身体への負担が少ないことで知られています。

通常のダイエットでは、なかなか脂肪を取る事が難しかった二重アゴのたるみに、メソセラピーを行ったとき、アゴのラインをすっきりと改善することが可能です。
posted by suzune at 09:18| ビューティ

2009年01月29日

誕生石トルマリン

石でコンディションを整えるといえば、スパやエステティックサロンで人気のストーン・セラピーもその一つ。

温めた石を疲れの溜まりやすい肩や背中、腰などにおくことで、血行をよくし、ストレスや疲れによる筋肉の緊張をやわらげて、本来の自然治癒力を高めるトリートメントです。

施術には、なめらかに研磨された火山岩が多く使われます。DHCのスパ、エステティックサロンでは、玄武岩を使用。

玄武岩は、マグマが地表で固まってできた石で密度が高く、マグネシウム、鉄、二酸化ケイ素などを豊富に含みます。
posted by suzune at 14:30| Comment(0) | ファッション

2009年01月17日

Cath Kidston(キャスキッドソン)の生地

キャスキッドソンの生地を使って、腕に自信のある人なら、商品顔負けのバッグを作ってしまう人もいます。

また、Cath Kidston(キャスキッドソン)にはソーイングバスケットも色々あります。

ピンクッションや小物入れがついたソーイングバスケットは、プラスチックのトレーが入っていて深さもあり、機能的で実用的な作りになっています。

布が余ったら、パッチワークに使ったり、ティーコースターを作ったりしてみては?
あまりにも可愛い生地なので、たとえ切れ端でも捨てるのがもったいないんです。
posted by suzune at 20:34| Comment(0) | ファッション

2009年01月08日

体にいい油

脂質は、効率的なカロリー摂取に適しています。

しかし、動物性脂肪や、n−6系脂肪酸を多く含む植物油の摂りすぎは、医学上、好ましくありません。

健康的に効率よくカロリーを摂取するには、「体にいい油」を摂ることが大切です。

具体的には、オレイン酸やポリフェノールを多く含むエクストラバージンオリーブオイルや、DHAやEPAなどのn13系脂肪酸の不飽和脂肪酸があげられます。
これらの脂質は、抗酸化作用や抗炎症作用など、多彩な健康効果を持つことがわかっています。

たんぱく質の摂取にも注意が必要です。
動物性脂肪を摂りすぎないよう注意し、魚や大豆、卵などを中心に、良質のたんぱく質を摂り入れましょう。
posted by suzune at 12:35| Comment(0) | ヘルス

2008年12月28日

老人性色素斑

老人性色素斑と聞き、老人に起こるシミの事だと勘違いしている人がいます。

老人性色素斑は、日焼けし続けることで痕が残ってしまいシミになった状態を言い、25歳位からでき始めるシミです。
顔のみでなく紫外線にさらされやすい手の甲などに目立ったシミができ、年齢より老け込んで見えてしまう原因となります。

そのため、特に顔にできたシミをなくしようとさまざまな方法を試すわけです。

老人性色素斑ができないための予防法はいくつかあります。原因となる紫外線にあたらないように対策することで、特に肌が傷ついている場所は日焼けしないように細心の注意してください。
衣服で隠したり、顔は日焼け止めクリームを利用すれば予防はできます。
posted by suzune at 12:00| Comment(0) | ビューティ

2008年12月18日

ニキビと顔ダニ

ニキビができる原因として色々なことが考えられます。

思春期は皮脂が過剰に分泌されることが主な原因で、大人になってからは、ストレスや疲れ、生活習慣などが原因として考えられています。

ニキビは毛穴に皮脂や角栓が詰まることで起こりますが、それ以外にも顔ダニが原因でニキビが発生することもあります。

顔ダニは頭部の皮脂線や毛根に寄生する毛包虫のことで本来、無害で余分な皮脂を食べてくれるので皮脂の調節をする役目を持っています。

赤ちゃん以外の97%の人の毛根に寄生していると言われています。

ニキビ・老化・毛穴・小じわ・乾癬・酒さの悩みはフェイスドクターで解決
posted by suzune at 15:26| Comment(0) | ビューティ